鹿児島の生活 ことり日記

鹿児島在住、犬と猫とおいしいものが好き。

山形屋 ローストチキン

山形屋2号館の地下1階にローストチキンを売っているお店がある。

 

お弁当コーナーの近くで、店名は不明。

念のため山形屋のHPを見てみたが、「ローストチキン」と書いてあるだけなので、やっぱり店名はわからない。

 

ここのローストチキンのもも焼(ごて焼きというのかな)が、美味しくてサイズも手頃で好きなんだけど、ちょくちょく売り切れてて結構買えない。

 

f:id:maru-piyoko:20140415205158j:plain

 

ローストチキンもも焼 税別320円

 

 

買えないとますます欲しくなって、色々調べたことがある。

ちょっと前のことなので、今は違うかもしれないけど当時は、

 

 ◆一日3回焼いて出す。

 ◆それは朝イチと昼過ぎと夕方。

 ◆でも羽根焼が完売しないと、なかなか出てこない。

   ◆ちなみにクリスマスは、もも焼(ごて焼き)は無い。

  一羽丸焼きかローストチキンパック(各部位取り合わせパック)のみ

 

というシステムであると思われた。

 

なぜならば、いつもなら並んでいる時刻に第二弾が出てこない。

でも、もも焼、焼きあがっているのが見えてるんだけど…ということがあったから。

 

しばらく経って、隣のバットに置いてある羽根焼が完売したら、羽根焼ともも焼、同時に第二弾を並べたので、多分どちらの部位も均等に売れるように、工夫してらっしゃるのかなあと推察した。

 

 

長かった…ここまで突き止めるのが。

 

どうしても、もも焼きが食べたい時は、10時の開店と同時に買いに行ったこともあった。

もう第2弾が並ぶ時刻…と見当をつけて、グルグルデパ地下を回ったこともあった。

 

そしてついに、時刻・羽根焼の減り具合で、もも焼の出番が近いかどうかわかるようになった頃、私は齢をとって胃袋もめっきり弱り、嗜好も変わって、「羽根焼、軽くてイケる」と思うおばちゃんになってしまった。

 

…人間、あっという間に年とるな…ふう…

 

 

そして、このローストチキン屋さんには、もも焼よりさらに買うのが難しい「ネック」 なるものも存在している。

 

f:id:maru-piyoko:20140415205226j:plain

 

ネック 1個税別50円 

一人10個までしか購入できない。

ー続くー