読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島の生活 ことり日記

鹿児島在住、犬と猫とおいしいものが好き。

お菓子の福美屋 の芋餅が始まった

こないだ、鹿児島駅前踏切の角にある「お菓子の福美屋」に行きました。

 

地元のおばちゃんに人気のお店です。

私、中学の頃、この辺りをよく通っていました。

 

あれから何十年、鹿児島駅周囲は市電乗り場が立派になったり、マンションが建ったりして、ずいぶん変わりましたが「福美屋」さんは変わらないなあ。懐かしい。

 

応対に出てきてくれたお兄さん(感じがいい)を前に、ショーケースを品定め。

まずは、あの歯ごたえがたまらない昔懐かしドーナツ。そして、まさにこれを“破れ”といわずしてどうするという、あんこはみ出しまくりの破れ饅頭。

 

そうそう、これが楽しみなのよね。

 

f:id:maru-piyoko:20141101153318j:plain

 

と、ドーナツと破れ饅頭を注文したところで、奥の畳の間からご主人の声が。ま、まずい。これは…。

 

「おう、ちょうど今日かい、芋餅も始めたど」。ゆら~りと煙草をくゆらせながら、ご主人の魔術のようなセールストークが始まる。

そう、ここのご主人=じいちゃんが何か話し始めたら、断るのは難しい…。

 

「ぬっか間は出来んでな。よか日に来やった。今日かいやっど、芋餅」。

 

いつも「ちょうどドーナツが揚がった」「ちょうど餅が炊けた」と、なぜか「ちょうど」の嵐。

この話術に、これまで何度やられてきたことか。これで、いつも500円前後のところが、1000円札+αを出す羽目に。

 

…結論から言うと、はい、やられました。ご主人に。ドーナツに破れ饅頭、そして芋餅。

 

自分だけのおやつのはずが、実家の母に「お土産~!」と持って行って喜ばれました。

 

ご主人、ありがと~(泣)。

 

 

お菓子の福美屋

鹿児島市小川町8-2

099-226-7231

8:00~19:00ごろと思われます

不定休と思われます