読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島の生活 ことり日記

鹿児島在住、犬と猫とおいしいものが好き。

いちごの季節がやってきた!

いちご…最近では12月ぐらいから出回ってはいますが、やっぱり春のいちごは安くて美味しい気がします。

 

f:id:maru-piyoko:20170401122616j:plain

 

気づくと最近よく食べていたので、まとめてみました。

まず、宮崎のフルーツ大野(HPはこちらフルーツ大野 / 実店舗のご案内

のいちごパフェ(930円)。

 

f:id:maru-piyoko:20170401105308j:plain

 

朝摘みいちごだけあって新鮮。てんこ盛りでグラスの底にも。さすが果物屋さん。

 

f:id:maru-piyoko:20170401105334j:plain

 

ちなみに、この宮崎市の繁華街・ニシタチにある大野フルーツはメニューが豊富でドリアンパフェもあるんです!

 

f:id:maru-piyoko:20170401110908j:plain

 

よく行列が出来ていてなかなかすっと入れないのですが、次回はぜひ夏のフルーツが色々揃う時期にフルーツパフェを食べたい。

 

さて、次は鹿児島市の山形屋にある「ゆとりの空間」のいちごとバナナのチーズケーキパフェ(税込756円)。

 

f:id:maru-piyoko:20170401111712j:plain

 

こちらはチーズケーキが入っているので、一般的なパフェにくらべるとアイスクリーム等の体を冷やすモノの量が少なくて、食べ終わっても体があまり冷えないのがよかった。

いちご、バナナ、生クリーム、アイスクリーム、チーズケーキのデザートプレートをパフェ容器に入れました、という感じ。オシャレです。お腹いっぱいになります。

 

次はこれも鹿児島の老舗・明石屋のいちご大福(税込280円)。

 

f:id:maru-piyoko:20170401112247j:plain

 

割と小さめで気軽に食べられるサイズ。

上品な甘さのこしあんは少な目ですが、その分いちご(あまおう)のさわやかな甘みが引き立ちます。さすが明石屋。

 

そして、ネットで見かけてから自宅でよく食べているのが、昭和におしゃれな少女を描いて活躍した人気イラストレーター・中原淳一さん(1913~1983年)が好んだといわれる「苺のコクテイル」。

中原淳一 いちご」で検索すると色々出てきます。

 

いちごにはちみつとブランデーをかけて冷やして、レモンを絞っていただくというシンプルなもの。

 

f:id:maru-piyoko:20170401122836j:plain

 

f:id:maru-piyoko:20170401123017j:plain

 

これがまた美味しい!

お酒に弱い私でもイケます。最近こればっかり。

 

これからいちごがさらに安くなったら、ジャムもいいな…と思うと楽しみです‼