鹿児島の生活 ことり日記

鹿児島在住、犬と猫とおいしいものが好き。

こしあん大好き!岡山 大手まんじゅうと大分 志きし餅

こしあん、好きです!

ほろりと口の中でほどけていく感じとか、飲み込んだ時こくんと下りていくのど越しとか…やっぱりこしあん! だんぜんこしあん!

 

そんな私が愛するこしあんのお菓子をご紹介します。

 

まずは岡山、備前名物 大手まんぢゅう 。

HPはこちら ↓

http://www.ohtemanjyu.co.jp/shop/products/list.php?category_id=7&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=&gclid=EAIaIQobChMIo-3xi-KV1wIVQiRoCh0UQQk7EAAYASAAEgJCfPD_BwE

 

f:id:maru-piyoko:20171029204404j:plain

 

30年以上前、実家の近所に岡山出身のご夫妻が越していらして頂いた時からのファン!

 

f:id:maru-piyoko:20171029204455j:plain

 

手のひらにちょこんと乗るくらいの大きさで、千代紙を思わせる個包装の可愛らしさ。

あまりにも薄い皮にくるまれたこしあんの上品なこと!

鹿児島のでっかい加治木まんじゅうとはまた違った繊細な美味しさ。

 

f:id:maru-piyoko:20171029204623j:plain

 

熱いお茶といただくのももちろん美味しいのですが、2個めは冷たい牛乳と一緒に食べてみたりと次々手がのびてしまいます。小さいので油断しちゃってつい食べすぎちゃうので要注意。

 

ちなみに以前岡山に行った時、こちらの藤戸まんぢゅうというのを発見 ↓

 

www.fujito-manjyu.co.jp

 

 倉敷で見かけて、最初は大手まんぢゅうとのソックリぶりに驚いたのですけど、行くとこ行くとこいろんな店に置いてあるのに興味を引かれ、つい買っちゃいました。

食べてみると、藤戸まんじゅうも大手まんぢゅうに負けず劣らず大変美味しかったです。

 

10個入りは竹の皮包みでレトロ!

お値段も手頃で、気の張らないお土産としても便利。

まんじゅう好きの方は、それぞれのおいしさを比べてみるのも楽しいかも。

 

ちなみに大手まんぢゅうの日持ち7日に対して、藤戸まんぢゅうの日持ちは確か 2~3日。この賞味期限の差がお土産としてのメジャーさに反映されているのかも…と思いました。

 

そして、お次は大分銘菓 志きし餅。先日もらって、とっても気に入りました。

 

f:id:maru-piyoko:20171029204700j:plain

 

手軽なお土産、って感じです。

 

f:id:maru-piyoko:20171029204817j:plain

 

1個づつ、ビニールに包まれています。

 

f:id:maru-piyoko:20171029204853j:plain

 

見た目はお座布団みたい。

こちらも手のひらに乗るくらいの小ぶりなお菓子。

 

f:id:maru-piyoko:20171029204915j:plain

 

かぷりと食べると、ういろうのような皮のにちゃにちゃした食感と(褒めてます)こしあんの緩さがイイ!あんまり甘くないし、柔らかくてのどごしもいいので、すぐ2個めに手がのびちゃう。

 

初めて食べるのに、なんだか懐かしいような、昔おばあちゃんに貰って食べたことのあるような気がする不思議なお菓子です。

今まで全く存在を知らなかったのですが、簡単な包装といい、観光客よりは地元の方々に愛されているお菓子なのかな?

宮崎のくじらようかんをちょっと思い出しました。

 

これから寒くなると、ますますこしあんもののお菓子が美味しくなりそう。

熱~いお茶と頂くの楽しみです‼

最近美味しい、便利!と思ったモノたち

今日はおはら祭。三連休の初日。

昨夜の前夜祭は大河ドラマ「西郷どん」の鈴木亮平さんや青木崇高さん、塚地武雅さん、原作者の林真理子さん登場で盛り上がったそうですね。

現場で見物していた知人は、「今まで何回も前夜祭出てるけど過去最高の盛り上がりかも!鈴木亮平青木崇高もカッコいい~‼」と興奮してLINEを送ってきました。いいな~、私も観たかったよ。

 

さて、話は変わりますが、最近コレいいな!と思ったモノがいくつかあったのでご紹介します。

 

まずは日本ガスアグリの「すごい野菜」。

洗わなくても食べられる、鹿児島県産のレタスです。

 

www.facebook.com

 

少し前、野菜がやたらと高い時期がありましたよね、その時試しに買ったのですが、美味しくて見た目もよく使い勝手がいいのです。 

 

f:id:maru-piyoko:20171103112602j:plain

 

私が購入したのは山形屋で1袋税込214円。

生協でも見かけたことあります。

私が食べた中では、このフリルレタスがショリショリした食感で好み。

そして葉物にもかかわらず、このショリショリ食感がしばらく続く。

なので、飲み会が続いて何日か冷蔵庫でほっといても大丈夫です!

しおれちゃったのをボウルで水に浸けたり、お湯洗いする手間なし。

 

洗わなくても使えるのでサンドウィッチを作る時も便利そうだし、土や虫の混入の心配をしなくていいのでホームパーティーをする方はお客様にお出しする時も安心なんじゃないかな。

 

普通の土で栽培しているレタスに比べると確かに割高なのですが、野菜が高い時期やここ一番の時など重宝だな、と思いました。

 

続いてはやはり山形屋のアフタヌーンティーで購入したレンジトレイ。

 

f:id:maru-piyoko:20171103121239j:plain

 

サイズは24㎝×17.8㎝。

温めたい物を入れた器などを乗せて、そのまま電子レンジの中に入れて使います。

 

これがね~、便利。

私はレトルトのカレールウを器に入れてあっためるときや、作り置きの豚汁なんかを1杯だけお椀に入れてあっためるのに使っています。

あっちっちなくらい温めるのが好きなので、今までレンジから取り出すのに苦労していたのです。

レンジから出すのにキッチンミトンでつかんで、何度親指にカレーのシミをつけたことか…。

でも、これからは安心です。

 

 

そして最後は回転寿司屋のめっけもん、ドルフィンポート店で食べたこちら「西郷どんの足跡」。FBはこちら ↓

https://ja-jp.facebook.com/廻る寿司-めっけもん-219816824821067/

 

f:id:maru-piyoko:20171103122309p:plain

f:id:maru-piyoko:20171103122354p:plain

(写真はめっけもんのフェイスブックより)

 

これがね~、美味しかった!

ちなみに中央ちょっと盛り上がっているのが、シャリの部分です。下にかくれてます。

 

一口分お箸でたぐり、わさびを乗せてパクリ。

口の中でとろける!幸福感に包まれます。

私と80代の母親、牛の脂部分があまり得意でない二人だったのでで半分こしました。

半分こでもお腹にずっしりと満足感があります。

でも、わさびがついてるのでさっぱり感もあるんですよ。

私もあと20歳若かったら1皿食べてたな。

1皿で864円と結構なお値段ですが、これでお腹ふくれちゃって結局お支払い金額は普段と変わらなかったです。

 

FBによるとめっけもんドルフィンポート店、皇徳寺、城西店、国分店の4店で数量限定らしいけど期間限定なのかな?もしそうならレギュラー化してくれないかな、また食べたい。

 

食欲の秋、体重と相談しながら美味しいモノを楽しみます!

 

ちなみに、めっけもんについては以前こんなのも書いてます ↓ 

 

maru-piyoko.hatenadiary.jp 

「ミッドナイト・イン・バリ」で素敵な夜

先日、鹿児島にやってきた舞台「ミッドナイト・イン・バリ~史上最悪の結婚前夜」を観てきました。

  

f:id:maru-piyoko:20171015113232p:plain

 

NHK連続テレビ小説ひよっこ」の脚本家岡田惠和さんの作品です。

 

もう、よかった~。

終わった後の高揚感ときたら!

 

 舞台を観るのは久しぶりでしたが、どうしてこれ観たかったかというと、美男美女が出るからなんです!

 

栗山千明溝端淳平浅田美代子中村雅俊

もう老若男女問わず、うっとりするメンバーですよね!

 

私は田舎のおばちゃんなので、高いお金を払って舞台を見るとなると、できれば…いやせっかくだからとびきりの美男美女が見たい!と思っちゃうんです。

 

パンフレットの写真より ↓

 

f:id:maru-piyoko:20171015134202j:plain

 

  

ストーリーもパンフレットをどうぞ ↓

 

f:id:maru-piyoko:20171015113401j:plain

 

 まずびっくりしたのは、栗山千明の見事なコメディエンヌぶり。

 

栗山千明といえばモデルをしていた少女の頃から独特の雰囲気を持ってて、きれいな子だなあと注目してました。

吉田秋生の漫画「吉祥天女」を実写化するならぜひこの子で、と思っていたくらい。

 

それが、こんなにコメディがうまいなんて!

いままで素晴らしすぎるビジュアルにしか目がいかなかったのですが、歌も踊りも上手で驚きました。滑舌もよくて膨大な量のセリフも全く噛まない。

しかも舞台はまだ3作目くらいのはず。すごいなあ。

 

溝端淳平はイケメンなのに親しみやすい。

美女にやり込められるのがこんなに似合うイケメンも珍しいんじゃないでしょうか。ちょっと情けない感じも母性本能をくすぐります。

 

浅田美代子は、還暦過ぎてると思えないくらい綺麗。

私が子供の頃、ドラマ「時間ですよ」で「赤い風船」歌ってたミヨちゃんを思い出しました。

この年齢でここまでカワイイなんて…。(素材の違いはさておき…)希望の星です。

 

そして中村雅俊

私、確かこの人が「恋人も濡れる街角」を歌っていた前後、鹿児島空港で見かけたことがあるのですが、ものすごくカッコよかった!あの年代の人とは思えないくらい頭ちっちゃくて足が長くて、ホントにしばらく開いた口が塞がらなかったんです。

 

あれから30年…(綾小路きみまろ風に)やっぱりカッコよかった!

すごいよ中村雅俊

 

さてお芝居はというと、笑えるセリフのやり取りに、生演奏に乗っての歌や踊りがてんこ盛り。客席も大盛り上がりでした。

 

何といっても「ちゅらさん」が有名な岡田惠和さんですが、私は直後にやってた「恋セヨ乙女」や堂本剛主演の「ホームドラマ!」、近年ではキョンキョンの「最後から二番目の恋」、そして先日終わった「ひよっこ」なども大好き。

 

岡田さんの脚本って、ほのぼのクスッと笑わせてくれたかと思うと、人間のちょっとズルいところとか情けないところ、ブラックな面も見せてくれて、軽いタッチなのに深いです。

あはは、と笑いながらもヒヤッとしたり、ズシンと思い当たることがあったり。

 

ある程度年齢を重ねた人なら誰でも持ってますよね、「私の人生、思い描いていたのと違う」という気持ち。

そういった気持ちを否定はせず、「でも、今のこの人生も悪くないんじゃない?」「思ってたのと違うけど、意外とよくない?」と思わせてくれる、そんな作品でした。

 

日常からスッと浮かび上がったような素敵な気持ちにさせてもらった夜。

あ~、楽しかった!

 

アゴ肉を食べてみた!

アゴ肉ってご存知ですか?

鹿児島でもあまり一般的ではないのですが、姶良方面ではよく食べられている豚の頭部(ホホ、こめかみ等)らしいです ↓

 

www.kagoshima-kankou.com

 

以前TVで見て、どんなかな?食べてみたいな?と、ず~っと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれず…。

これは姶良まで行かなきゃダメかな、と思っていた所、鹿児島市の百貨店、山形屋の地下でアゴ肉の入ったお弁当を発見!

 

f:id:maru-piyoko:20171009221637j:plain

 

「かごしまのっける  LUNCH BOX」。税込650円。

色んな種類 ↓ がありましたが、その中にアゴ肉入りのがあったのです。

 

www.yamakataya.co.jp

 

ちなみに「かごしまのっける」とは霧島市でギフト、お弁当、その他色々をされている会社らしい。Facebookはこちら ↓ 

https://ja-jp.facebook.com/かごしまのっける-780952415327616/

 

 ぱっと見、、ご飯の上におかずが直に乗っかってるのをお箸でわしわし掘るように食べるタイプのお弁当?と思ったら、中は2段になってました。

 

f:id:maru-piyoko:20171014210008j:plain

 

 野菜が一杯でカラフル!食欲をそそります。

 

 f:id:maru-piyoko:20171014210049j:plain

 

アゴ肉はゴロっとしてて、酢豚の中の豚位の大きさかな。

ちょっと形がいびつなので、その分甘辛い味噌だれがよくからんでご飯が進む!

いい意味で家庭の味っぽいというか、素朴でほっとする美味しさだと思います。

 

決して硬いわけじゃないけど時々小さななんこつのような食感もあり、よく噛むせいか見た目の量以上に満足感があります。

 

紫キャベツの下からポテトサラダがでてきたり、野菜部分を食べるのも楽しい!

 

涼しくなってきたので、お弁当持って公園なんかでのんびり食べるのも気持ちよさそう。

 

アゴ肉、食べてみたいなと思っている方、今がチャンスですよ~。

「森のかぞく」がリニューアルしてた!

鹿児島市役所正面玄関の向かい側にある、森のかぞく。

以前、こんな記事を書きました。 ↓

 

maru-piyoko.hatenadiary.jp

 

 この夏、あまりの暑さにず~っと行ってなくて、先日久しぶりに訪ねたらリニューアルしてました。 HPはこちら ↓ 

 

www.sonoyama-farm.com

 

多分一番人気と思われる、森のかぞくごはん(税込1,404円)を注文。

前菜↓

 

f:id:maru-piyoko:20171006204443j:plain

 

すごいボリューム。

でも、食感の違う野菜をそれぞれ違うドレッシングやたれで味付けしてあるので、まったく飽きません。カリッと揚がったサツマイモのフリッターが甘くておいしかった。

 

そしてメイン ↓

 

f:id:maru-piyoko:20171006204545j:plain

 

メインはお肉かお野菜を選べて、私はこの日は鳥の唐揚げ。

森のかぞくではおなじみの人参のかつものっかってます。

私、ここの固めの存在感があるがっつりコロモが好き。

どうやって作るんだろう?レシピが知りたいなあ。

 

デザート。↓ 飲み物は選べます。

 

f:id:maru-piyoko:20171006204647j:plain

 

ふ~っ。おなか一杯。

 

↓ ちなみにお弁当もリニューアルしてました。

 

f:id:maru-piyoko:20171006204845j:plain

 

別の日に買っちゃいました ↓

 

f:id:maru-piyoko:20171006204756j:plain

 

ぱっと見、揚げ物が多く見えますが、チキンかつが2切れの他は、人参・サツマイモのかつ。野菜と動物性たんぱく質の割合は以前と変わらない感じです。

前のざっくりしたお弁当もよかったけど、こっちも綺麗で食欲がわきますね。

 

そして、近々こんな催しもあるらしい ↓

 

f:id:maru-piyoko:20171006204941j:plain

 

ますますパワーアップした森のかぞく。

これからもお世話になります!