読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島の生活 ことり日記

鹿児島在住、犬と猫とおいしいものが好き。

ときめきの朝ごはんとランチ

ちょっと前から「行きたいな、食べたいな」と思いつつ、なんとなくその機会に恵まれずじまい…

そんなお店に2軒、続けて行くことができました。

 

まずは、朝ごはん。

遅く起きた土曜日の朝にふらりと行きたいな

のんびり食べたいな

とずっと思ってたんです。

どんな朝ごはんかと言うと…

 

ふわっふわのパンケーキに熱いミルクティー、

濃い目のアッサム。

メイプルシロップはたっぷりと。

あ、アサイーボウルも頂こうかしら…

 

…なんてこじゃれたモンではなく、

 

えいっ、鹿児島市桜島フェリーターミナル近くにある「市場食堂 山田屋亅の朝定食(550円)だっ!

 

f:id:maru-piyoko:20170523221113j:plain

  

f:id:maru-piyoko:20170523220857j:plain

 

この日は、塩サバ、タケノコとひじきの煮物、ポテトサラダ、つけもの、海苔、ご飯、味噌汁。

 

f:id:maru-piyoko:20170523220928j:plain

 

ここの塩サバ、食べてみたかったの~!

油がのってて、むちゃくちゃご飯が進む!

お味噌汁は卵入り!久しぶりに卵入り味噌汁飲んだ。なんか懐かしい。

もう、お腹一杯になります。

 

f:id:maru-piyoko:20170523221740j:plain

 

午前7時から開店しているので、朝メニューがいろいろありますが、通常のメニューも朝から食べられるようで、隣の人はまぐろづけ丼を食べてました。

 

単身赴任のオトーサンとか、たまにはこういう朝ごはん、嬉しいんじゃないかな。

 

山田屋さんの店舗情報などは、こちらをどうぞ ↓

  

maru-piyoko.hatenadiary.jp

  

 そしてお昼ごはんは、天文館にぎわい通りの「産直鉄板ビーファーズ」。

 

ちなみに、山田屋さんとは別の日です。さすがに朝昼とも、こんなには食べられません。念のため。

 

f:id:maru-piyoko:20170523223348j:plain

 

HPはこちら ↓ 

teppan-beefars.com

 

お昼時にここの前を通ると、入口に平日1日限定10食のステーキ丼が、いっつも「本日完売」とお知らせしてあるんです。ホントにいっつも。

ところが、ある土砂降りの日、その張り紙が無くて、ついふらふらと入ってしまいました。そして、残り1食だったのをめでたく頂戴したのがこちら ↓ 税別980円。

 

f:id:maru-piyoko:20170523225850j:plain

f:id:maru-piyoko:20170523225929j:plain

 

びっくりしたのが、この値段で、私一人で入ったのに、目の前の鉄板で料理人が焼き加減を聞きながら焼いてくれるんです。

HPの「店舗について」を見ていただくとわかるのですが、内装も素敵で、ゆったりしたカウンター席。

「あ、じゃミディアムで…」と答えつつ「いいの?私一人のためにわざわざ。きゅうひゃくはちじゅうえんだよ?」とどぎまぎしてしまいました。

 

丼、と言いながらも、ニンニクチップスやら焼き野菜、サラダ、漬物、味噌汁等こまごましていて満足感もあります。

ランチは予算に応じて、色々あるようなので、他のも食べてみようかな。

カウンターなので、一人でも入りやすかったです。

 

 身内にお行儀のいい女の子とかいたら、何かのご褒美に連れて行ってあげたいような、そんなお店でした。

お手頃価格で「うわ~」って喜んでもらえそう。

ドーミーインがイイんや!

ドーミーインという全国展開のビジネスホテルチェーンが気に入っています。

鹿児島だと高見馬場にありますね(もちろん、ここは泊まったことないけど)。

 

HPはこちら ↓

www.hotespa.net

 

4月に宮崎にオープンしたので行ってきました。

 

f:id:maru-piyoko:20170505204448j:plain

 

数年前に初めて母親と他県のドーミーインに泊まって気に入ったので、また泊まりたいなあと思っていたのです。

 

室内は普通のビジネスホテルで、あっさりとしています。 

オープン間もないせいかツインのシングルユースでした。やった~!

 

f:id:maru-piyoko:20170505204846j:plain

 

おお~、ベッドサイドには携帯の充電器が。

先っぽがいろんな型になっているので、各社に対応しているようです。

 

f:id:maru-piyoko:20170505220523j:plain

 

特に広い室内でもないのですが、トイレが独立していて、しかもベッドとの間に引戸がある!二人で泊ってもゆっくりトイレに行けますね。

 

f:id:maru-piyoko:20170505205029j:plain

 

部屋にお風呂は無くって、シャワーブースが付いています。

 

f:id:maru-piyoko:20170506084226j:plain

 

 

向かい合わせで洗面台。折り戸で仕切られているので、シャワーを浴びている人がいても、洗面台を使えます。

なぜにシャワーブース?お風呂でなく?

ふふふ…それは上階に男女別大浴場があるからなんです‼

 

上のチラシでも紹介していますね。

ここには内湯・露天風呂・サウナ・水風呂があって、ゆったりした空間。

内湯は毎日、青島から運んできているんだそうですよ。

 

夕方早めのお風呂に行ってきました。

ちなみにドーミーインにはルームウェアも用意してありまして、館内どこでもルームウェアとスリッパでOK。このルームウェアがまたテロンとしてて結構着心地がいいの。カードキーを収める胸ポケットもついてるし、首の後ろがスタンドカラーになっているので、首がすーすーしないのもおばちゃんにはありがたい。

 

f:id:maru-piyoko:20170505212936j:plain

 

宿泊者以外の人が来るレストランや喫茶室の設備がないので、服装に気を使わなくていいのです。寮みたいな感覚でしょうか。

 

ちなみにエレベーターもカードキーが無いと入れませんし、大浴場も女湯は毎日入口の暗唱番号が変わります。

なので実際部外者は入れません。

 

浴場の脱衣所にはコインランドリーのコーナーもあり、入浴しながら洗濯もできます。

 

f:id:maru-piyoko:20170505212521j:plain

 

浴場の洗い場(カラン)は8か所。

最近のホテル浴場の洗い場は、隣との間に仕切りを設けているところが多いですが、ここの仕切りは見たこともないくらい高くて深い。隣の人が全く見えません。

試しに立ってみると首のあたりまでありました。

 

これね、結構ありがたい人いると思うんですよ。

例えば手術の跡があって、他人に見られたくないとか。

 

私の知人にそういう人がいるのですが、温泉に入る際、神経を使うと聞いた事があります。

湯船につかるときは直前までタオルで隠すこともできますが、頭洗う時とか結構無防備ですもんね。気が気じゃなくてゆっくり洗えないこともあるらしい。

そういう人を想定しているとしたら、すごい配慮だなと思いました。

 

内湯はさすがに温泉だけあって、トロトロのつるつる。疲れがとれる!

そして、私が早めのお風呂に行った訳は…

 

f:id:maru-piyoko:20170505211539j:plain

 

そう、ビール!温泉を出てすぐところにあるバーでの18時~21時のふるまいです。

普段お酒は全く飲まないのですが、風呂上りのビールはたま~に飲むと美味しいと思うのです。

 

「まあ、無料ビールだからちっこいコップだろうな」と思っていたら、結構ちゃんとしたグラスで、バーテンダーの人がお世話してくれました。ちょこっとしたおつまみ付き。

アサヒビールのトルネードという特殊な装置で、グラスの底からビールが注がれます。

美味しかった!

 

f:id:maru-piyoko:20170506085937j:plain

 

そして、今回はぜひ食べたいと思っていたドーミーイン名物夜鳴きそば。

 

f:id:maru-piyoko:20170505214131j:plain

 

21時30分から23時まで。1階の食堂でふるまわれます。

無料ですが、品切れになる場合もあるそう。

あっさり醤油味で 、普通のラーメンの6割から7割位の量。

小腹がすいた時にちょうどいいですよ。

 

無料といえば、ドーミーインでは1階の食堂わきにあるコーヒーマシンでコーヒー(ホット・アイス・ブレンド・アメリカン)も飲み放題。

 

f:id:maru-piyoko:20170505220207j:plain

 

ドーミーインはご当地名物を朝食バイキングに出すことでも有名ですが、私は宮崎の名物は割と食べたことがあるので今回は朝食抜きのプランでした。

でも、以前別の県で泊まった時は食べ損ねた名物を出発前に食べられて楽しかったし、同行していた母も「〇〇ってこんな味なんだねえ」と確認できて喜んでいたので、なじみのない土地ではおすすめです。

 

今回は素泊まりで5,990円。

 

なんか寮っぽいビジネスホテルだなと思っていたら、経営している共立メンテナンスという会社はホントに社員寮や学生寮を経営しているらしい。

老人向けの施設をこんな感じで作ってくれたらな~(経済的に入れるかどうかはまた別として)と思っていたら、もうすでに東京近辺ではそういう施設を作っているとHPに載っててびっくり。

鹿児島にもできないかな。見学に行ってみたいな。

 

ドーミーイン、色々と楽しくて気の利いたホテルでおすすめです。

「めっけもん」に行ってきたもん!

昔、TVの回転寿司選手権で優勝したこともある鹿児島を代表する回転寿司屋「めっけもん」の本拠地・ドルフィンポート店に、久しぶりに行ってきました。ここ、ネタがいつも新鮮で大好きなんですよね~‼

 

HPはこちら ↓ 

 

www.jf-group.co.jp

f:id:maru-piyoko:20170424213502j:plain

 

ドルフィンポートから見る桜島。気持ちのいい天気でした。

 

f:id:maru-piyoko:20170424213442j:plain

 

「めっけもん」はいくつか店舗がありますが、私が行った中では、このドルフィンポート店が一番好きです。景色も素晴らしいし、海の近くのせいか魚が特に美味しく感じるんですよね。

あと、店内ボックス席のすぐ近くにお手洗い(男性用・女性用・多目的)があるので高齢者を連れて行きやすい。小さいお子さん連れも安心。

 

今まで何度もブログに載せようと思ってきたのですが、私なぜか回転寿司屋に行くとそわそわガツガツしてしまって、写真撮るどころじゃなくなるという…

なんなんでしょう、別に早いもの勝ちでもあるまいに、どうして焦るんでしょうか。

回転するお寿司に目がまわっちゃうのか?

もう、「ガルルル…」って食べるのに夢中になるんですよね。不思議だなあ…。

 

さて、この日は平日ということと、後期高齢者(私の母)との二人連れでいつになくのんびりと食べたので、写真を撮ることができました。

大体似たようなモノを食べたのですが、お汁は別々のものを。

 

f:id:maru-piyoko:20170427141316j:plain

母は自家製つみれ汁 税込 194円 「おいしかったよ~」と言ってました。

 

f:id:maru-piyoko:20170427141359j:plain

あさりの赤だし 税込270円  

 

f:id:maru-piyoko:20170427141441j:plain

塩握り三貫(カンパチ、生イカ、生ホタテ) 税込432円

 

f:id:maru-piyoko:20170427141528j:plain

本まぐろ切り落とし軍艦 税込324円

大好き。これは無くなり次第終了のネタなので、毎回早めに頼みます。

右に映っている醤油さしは一滴ずつたらせる軍艦向きのもの。便利!

 

f:id:maru-piyoko:20170427141610j:plain

 しめさば 税込270円

 

f:id:maru-piyoko:20170424215306j:plain

まい茸天握り 税込194円

自分じゃ天ぷら揚げないので、これもよく頼みます。

ちょびっと大根おろしと、すりおろし生姜が付いてくるのが細かいね。

 

f:id:maru-piyoko:20170427141647j:plain

天然赤えび一貫握り 税込270円

 

これは、頭の部分をから揚げにしてくれます↓もちろん追加料金無し。

f:id:maru-piyoko:20170424215403j:plain

「熱いから気をつけてくださいね」と声をかけて渡してくださいますが、ほんっとーに熱い。 気を付けましょう。

 

 

f:id:maru-piyoko:20170428211122j:plain

 

 私はお皿の上で割ってかじります。

 

 

f:id:maru-piyoko:20170427141730j:plain

焼き穴子握り 税込324円

 

f:id:maru-piyoko:20170424215742j:plain

黒糖杏仁黒蜜掛け 税込270円

黒糖のせいか、こっくりと濃い味わいの杏仁。

これもほぼ毎回注文します。

 

ふぅい~、これだけ食べて一人2,000円少し。大満足です。

 

ドルフィンポートは2階に上がると、錦江湾ごしの桜島が見られます。

タリーズコーヒーの前からみた桜島 ↓ 

 

f:id:maru-piyoko:20170424220759j:plain

こんなに眺めのいいタリーズコーヒーって他にもあるのかな?

 

f:id:maru-piyoko:20170425001912j:plain

 

f:id:maru-piyoko:20170424220831j:plain

ドルフィンポートはゴールデンウィークもイベント目白押し。

 

「めっけもん」は、とにかく混みます!

行かれる方は、開店前に着くように余裕をもってお出かけになることをお勧めします。

 

あと、5月15日(月)は臨時休業との事。お気をつけください。

登坂淳一アナが鹿児島放送局にやってきた!

日曜の夕方19時前、ぼ~っとテレビのNHKニュースを見ていたら…登坂淳一アナウンサーがローカルニュースを読んでいました ↓ 写真はNHKのサイトより。

 

f:id:maru-piyoko:20170409194701p:plain

 

「あれっ、麿(まろ=登坂淳一アナウンサーの愛称)だ。なになに、今度福岡に異動?九州ローカルニュース読んでるの?野村正育アナがいなくなっちゃったから嬉しいなあ、これで野村さんロスが癒される」と思っていると…

 

あ、ちなみに野村正育アナウンサーとはこちらの方です ↓ 写真はNHKのサイトより。

素敵ですよね、てへへ。

 

f:id:maru-piyoko:20170409194550p:plain

 

で、麿に話を戻しますと、

…さっきから読んでいるの鹿児島のニュースばっかりじゃない?

そして、このニュースのセット鹿児島放送局っぽくない?

どきどきしながらスマホでググってみると…↓

 

www.nhk.or.jp

 

登坂アナ鹿児島に異動になってる ‼

てことは、ここから〇㎞の所で今現在ニュース読んでるの ⁉

鹿児島放送局ってことは住んでるの ⁉

じゃ、街のどこかですれ違ったりすることもあるの ⁉

 

はあはあ、…ドキドキする。

不整脈なのに大丈夫か私。

いや、これで脈が乱れるのは本望だ。

 

嬉しすぎます‼

これからローカルニュースが楽しみです!

 

あと、私はNHK鹿児島の社員食堂のおまかせ定食が大好きなのですが ↓

 

maru-piyoko.hatenadiary.jp

 

緊張しすぎてもうNHK鹿児島の社食には、しばらくお昼食べに行けないかもしれない…

なので、最近食べた「おまかせ定食」820円の写真を載せときます。

 

相変わらず盛沢山でしたよ↓

 

f:id:maru-piyoko:20170409200629j:plain

 

f:id:maru-piyoko:20170409200724j:plain

 

f:id:maru-piyoko:20170409200826j:plain

 

f:id:maru-piyoko:20170409200918j:plain

 

麿ももう、社食でお昼召し上がったのかな? 

いちごの季節がやってきた!

いちご…最近では12月ぐらいから出回ってはいますが、やっぱり春のいちごは安くて美味しい気がします。

 

f:id:maru-piyoko:20170401122616j:plain

 

気づくと最近よく食べていたので、まとめてみました。

まず、宮崎のフルーツ大野(HPはこちらフルーツ大野 / 実店舗のご案内

のいちごパフェ(930円)。

 

f:id:maru-piyoko:20170401105308j:plain

 

朝摘みいちごだけあって新鮮。てんこ盛りでグラスの底にも。さすが果物屋さん。

 

f:id:maru-piyoko:20170401105334j:plain

 

ちなみに、この宮崎市の繁華街・ニシタチにある大野フルーツはメニューが豊富でドリアンパフェもあるんです!

 

f:id:maru-piyoko:20170401110908j:plain

 

よく行列が出来ていてなかなかすっと入れないのですが、次回はぜひ夏のフルーツが色々揃う時期にフルーツパフェを食べたい。

 

さて、次は鹿児島市の山形屋にある「ゆとりの空間」のいちごとバナナのチーズケーキパフェ(税込756円)。

 

f:id:maru-piyoko:20170401111712j:plain

 

こちらはチーズケーキが入っているので、一般的なパフェにくらべるとアイスクリーム等の体を冷やすモノの量が少なくて、食べ終わっても体があまり冷えないのがよかった。

いちご、バナナ、生クリーム、アイスクリーム、チーズケーキのデザートプレートをパフェ容器に入れました、という感じ。オシャレです。お腹いっぱいになります。

 

次はこれも鹿児島の老舗・明石屋のいちご大福(税込280円)。

 

f:id:maru-piyoko:20170401112247j:plain

 

割と小さめで気軽に食べられるサイズ。

上品な甘さのこしあんは少な目ですが、その分いちご(あまおう)のさわやかな甘みが引き立ちます。さすが明石屋。

 

そして、ネットで見かけてから自宅でよく食べているのが、昭和におしゃれな少女を描いて活躍した人気イラストレーター・中原淳一さん(1913~1983年)が好んだといわれる「苺のコクテイル」。

中原淳一 いちご」で検索すると色々出てきます。

 

いちごにはちみつとブランデーをかけて冷やして、レモンを絞っていただくというシンプルなもの。

 

f:id:maru-piyoko:20170401122836j:plain

 

f:id:maru-piyoko:20170401123017j:plain

 

これがまた美味しい!

お酒に弱い私でもイケます。最近こればっかり。

 

これからいちごがさらに安くなったら、ジャムもいいな…と思うと楽しみです‼