読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島の生活 ことり日記

鹿児島在住、犬と猫とおいしいものが好き。

柳家 喬太郎の独演会に行ってきた!

おでかけ どうでもいいひとりごと

今回でなんと7回目の鹿児島での独演会。

やっぱり、私は喬太郎師匠の創作落語が好きだ!と改めて思いました。

 

f:id:maru-piyoko:20170226200518j:plain

 

f:id:maru-piyoko:20170226195848j:plain

 

演目はこんな感じです ↓

 

f:id:maru-piyoko:20170226200011j:plain

 

喬太郎師匠は落語家としてのスケールが大きいんでしょうね。

古典も、凄く面白いです。

 

「綿医者」の患者が腹痛でのたうちまわるシーンや、扇子を使った手術の場面は、ホントにリアルで、見ているこっちも大笑いしながらつい眉間にシワが寄っちゃったし、「へっつい幽霊」の登場人物たちの可笑しなやり取りを聞いていると、ふっと江戸の時代に連れて行かれてしまいます。

 

 でも、でも…師匠は何といってもイマドキのオトーサン、オカーサン、若い男性、そして何と若い女性の真似が抜群に面白いのです‼︎

 

とりわけ、89キロの体全体を使って(本人が89キロつってたから間違いない)体現する女子は必見です。

まくらで、婚前旅行に向かう前にいちゃいちゃするバカップルや、終電間際の駅で揉めてるカップルを、一人二役で再現していったのですが、ディテールが凄い。

目線や声の高さ、声量、間合い、仕草の指先まで可笑しすぎる。

最後の毒に満ちたコメントも最高。

 

独演会で披露した3席のうち、「ほんとのこというと」は現代が舞台の創作落語で、家族モノですから、そういった喬太郎師匠の技が冴えわたります。

もう、冒頭の家族紹介の部分から笑いっぱなし。

 

物語のあらすじは…

結婚の挨拶に男性の実家へ訪れた女性。

両親、弟、妹に温かく迎えられます。

 

和気あいあいと食事が進みますが、途中でいきなり様子がおかしく…。

「やっぱり結婚できません‼︎ 私、生のナルトを切らずに食べるのが好きなんです!」と思い詰めた様子で告白。

なんだ、そんなこと?と男性の家族は温かく応対し、すぐ“ブランド物”のナルトを買ってきて、かぶりついてみせる。

 

気に病まないで、と食事は再開されますが、しばらくして再び「私、やっぱり結婚できません‼︎ 実は…」と、新たな秘密を切り出す女性。

それでも「大丈夫、ほらこれでいいでしょう?」と優しく女性に合わせる男性家族。

 

しかし、さらに女性は「実は…」と切り出してくる。

 

どんどん大丈夫じゃない告白になってくるのに、能天気に合わせてくる男性家族の対応がブラックで狂気じみてきて、聴いてるこっちがハイになります。

私は、昔読んだ筒井康隆の小説の読後感をちょっと思い出した。

 

すごく面白かったけど、TVで放映するのは厳しいかも。

師匠も、「あ、客席にお子さんがいらっしゃるのに気づかずに話始めちゃった」とご自分でおっしゃってました。

 

 喬太郎師匠って、私から見ると、すごくまっとうで人の良さそうな感じの方なんですけど(いや、だからこそ?)時折見せるブラックな面が鮮やかなんですよね。

  

ポスターの師匠の写真をちょっと大きくしてみた ↓ いい人そうでしょ。

 

f:id:maru-piyoko:20170226195234j:plain

 

しかしよく考えると、TV向きではない演目ということは寄席向きということで、そう考えると得したような気もする独演会なのでした。

 

来年もお待ちしています。

 

映画「ラ・ラ・ランド」を観てきた!

映画

うん、これはサイコーによかった‼

 

これを書いている2月24日現在、アカデミー賞の最有力候補といわれている映画「LA LA LAND」(ラ・ラ・ランド)!

 

www.youtube.com

 

鹿児島市だと

TOHOシネマズ与次郎

鹿児島ミッテ10

天文館シネマパラダイス

で上映中です。

 

予告を見て、

タップ踏んでる!

衣装が素敵!

昔のミュージカルっぽい!

と楽しみにしていたので、封切り日に観てきました。

ちなみに私の言う昔のミュージカルとはアステアとかジーン・ケリーのあたりです。

 

私、冬場は寒かったり、風邪うつされそうだったり、めんどくさかったりでいつもはあんまり映画館に足が向かないんです。

でも、今回はめったにないミュージカル映画なので、ぜひ映画館の大きなスクリーンで観たかった。

以下、ネタバレありなのでご注意。

 

物語の舞台は、ハリウッドを中心とするロサンゼルス。

映画製作の舞台裏も観られます。

広い広いスタジオ。美しいホリゾント。行き交うスターとその卵たち…。

ジーン・ケリーデビー・レイノルズ(先日、お亡くなりになりましたね。合掌)、ドナルド・オコーナーの大好きな「雨に唄えば」を、ちょっと思い出しました。

 

昔のミュージカル映画って、ほとんどスタジオで撮ってるんですよね。

けど、「ラ・ラ・ランド」はそれを、実際の街中で撮ってるシーンがとても印象的。

屋外で歌って踊るミュージカル映画というのがまず新鮮で。

 

オープニング、高速道路でのダイナミックな群舞のシーン(奥行きがすごい)からもう圧倒されっぱなし。

夕暮れを背景にした高台でのタップダンスも素敵で。

 

でも、ラスト近くでは昔の映画っぽく、ワンシーンで書き割りの中をどんどん踊り進む場面もあって、またその書き割りと書き割りをまたぐときのカメラワークが素晴らしくて…。

「ああ、そうそう。こういうのがミュージカル映画なの」と嬉しくなります。

昔のミュージカル映画に対する尊敬と深い愛が感じられました。

 

衣装も素敵。舞台は現代なのですが、ヒロイン(エマ・ストーン=かわいい!)の衣装がちょっとクラシックというか…色合いといいデザインといい、古き良きミュージカル映画のヒロインっぽいんですよ。

 

鮮やかな原色の膝丈ワンピースにハイヒールという格好がいい!

ちょっと回るとスカートがふわり。

ミュージカル映画だかんね!」って感じがひしひし。

恋人役の男性(ライアン・ゴズリング=初めはちょっと冴えないなと思ったのに、どんどんカッコよく見えてくる)も、きちんとした格好が多くてうっとりです。 

 

私が20代の時に名画座で好んで観たミュージカルは、楽しくてウキウキして、うっとりしたのち、ハッピーエンドというのがお約束でした。

夢の世界に連れて行ってくれるひととき。

 

なのに、「ラ・ラ・ランド」はここからがすごい!

あの頃観たミュージカル映画とは違って、現実的な問題がからんできます。ちょっとビターな展開。

でも、それだからこそ、年齢を重ねた者の心にズシリと響く。

最後、あの時こうだったら、こうしていれば「あったかもしれない」人生の表現は映画ならでは、ミュージカルならではのもので、胸がしめつけられました。

 

そんな、とても切ない終わり方でも、最後の最後は胸の痛みがやわらぐやさしい後味。

わくわく、うっとり、キュンとしたい方におすすめの映画です。

 

それにしても、この時代。舞台で大ヒットしたとかではない、これほどの本格的ミュージカルに挑戦したデミアン・チャゼル監督はじめ全編を素敵な音楽で彩ったジャスティン・ハーウィッツらスタッフと俳優たち「夢追い人」に乾杯!

 

Ost: La La Land

Ost: La La Land

 

  

アカデミー賞の発表は日本時間で2月27日のお昼頃だそう。頑張れ、「ラ・ラ・ランド」‼

ディーン・フジオカのトークショーに行ってきた‼

おでかけ どうでもいいひとりごと ドラマ

はぁ~。やっぱり、格好よかった~。

 

ディーン・フジオカさんのトークショーに行ってきた。

詳しく言うと、鹿児島県が主催する「明治日本の産業革命遺産世界遺産登録1周年記念トークショー~「明治日本の産業革命遺産」と五代友厚~です。

ディーン・フジオカさんと、NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の制作統括を務めた佐野元彦氏、同じく「あさが来た」の時代考証を担当した原口泉鹿児島県図書館長とのトークショー。

 

往復はがきで母の名前と私の名前で応募したのですが、なんと1枚当選!

 

f:id:maru-piyoko:20170204212055j:plain

 

実を言うと当選はがきが着いたその日から、ニヤニヤがとまりません。

落ち込むことがあっても、このはがきを見ると頬がゆるむ日々。

 

開場少し前に城山観光ホテルに着くと、ロビー付近にはウキウキした女性が一杯!

なんだか、皆さんテンションが高いんです。

それ、伝わってくるんです。

入場者の9割くらいは女性だったかも。

 

中には「ご一緒させてください」のプラカードを掲げている人たちも。

当選はがき1枚につき2名分席が割り当てられているので、連れのいない当選者に向けてのアピールなのでしょう。

紅白歌合戦の観客入口付近にはそういう方々がいるというのは聞いたことがありますが、ここ鹿児島で見かけるとは!

すごいなあ。

 

こちらは当日配布された資料 ↓

 

f:id:maru-piyoko:20170204230637j:plain 

 

f:id:maru-piyoko:20170204230713j:plain

 

資料をもらって、じわじわ実感がわいてきます。

頬のゆるみに加えて、口角が持ち上がりっぱなし。

どんなリフトクリームより効果があるかも。

 

パンフレットの写真を拡大してみた↓

f:id:maru-piyoko:20170205104801j:plain

 

司会者によると、すごい倍率だったそうで、遠くは北海道!からもいらしてました。

私、今年の運、いや今後数年分の運、これで使い果たしてしまったかも…。

と、一瞬ブルーな気持ちになりましたが、舞台にディーンさまが登場するとそんな気持ちは吹っ飛びます。

 

背、高~い!

顔ちっちゃい!

すらっとしてて形がいい!

笑顔がまぶしい!

 

小学生の感想か ‼ 

でも、衝撃のあまり長い文章が思いつかない!

短く刈り込んだ頭髪は整髪料できちんと撫で付けられ、ブルーの三つ揃いスーツと眼鏡を着けた姿は、まるでエリートビジネスマン。

そのまんま金融機関のCMにでられそう。

もう、全財産預けちゃいたくなるような格好よさです。

 

会場では写真撮影不可だったのですが、本日2月5日の地元紙、南日本新聞には記事が掲載されていました。1面と23面の2か所、どちらも大きなカラーの写真入り。

今ならHPでも記事の紹介があります↓

373news.com

 

ディーンさんは、このトークショーの始まる前に、泉町の五代友厚銅像を見に行ったんですって。

ええ~!

あそこ鹿児島の百貨店、山形屋の朝日通り駐車場のすぐそばで結構な街中ですよ。

しかも土曜日。

偶然見かけた方、びっくりされたでしょうね。

 

NHKプロデューサーの佐野元彦氏によると「あさが来た」での、あさと五代さんのイメージは「ローマの休日」のオードリー・ヘプバーングレゴリー・ペックのようなプラトニックな関係だそう。

なるほど~、グレゴリー・ペックかあ、端正な顔立ちと誠実なイメージ、情熱と節度を併せ持つ感じが似てるかも。うんうん。

 

そういえば、私、佐野プロデューサーのドラマ「女神の恋」が大好きだったんですけど、ヒロインの松本明子がおめかしする時、オードリー・ヘプバーンみたいな恰好してたっけ。ヘプバーンがお好きなのかな。

ちなみに、「女神の恋」は2003年の作品。

宮崎が舞台で、エンディングに出てくる桜の季節の高千穂鉄道も素敵なんです!

またぜひ再放送してほしい。

 

ところで、原口泉先生によると、来年の大河ドラマ「西郷どん」原作者の林真理子さんはディーン・フジオカさんのことが大好きだそう、ということは「西郷どん」にキャスティングされる可能性もあるかも…と期待が膨らみます。

 

トークショーは、軽々と国境を超えて活躍した五代とディーンさんの共通点が話題になったり、ディーンさんの夢が大河ドラマの出演…ではなくてテーマ曲の作曲だという「びっくりぽん」な発言があったり、とても充実した内容。

ディーンさんは、何か国語も話せる分、常に適切な日本語を慎重に選んで発言しているようで、誠実で謙虚な印象を受けました。また、ずっと笑顔で、周りを明るくリラックスさせる感じも素敵でした。

 

今年の運、これで使い果たしても満足なくらい、サイコーの時間を過ごさせてもらいましたよ。

Backen(バッケン)に冷凍パン登場!

鹿児島のお店 ランチ

この間久しぶりに、オーブン料理とパンの店「バッケン」に行ってきた。

ちなみに、以前にランチをした時の記事はこちら ↓

 

maru-piyoko.hatenadiary.jp

 

 バッケンはマルヤガーデンズのすぐ近くの町中にあるのに、駐車場があるんです。

さすが食事時には満車のことが多いですが、ちょっと時間をずらすと割と停められるのでサクッとパンを買う時に便利。

ただ、食パンを置かなくなったのでこのところ、しばらく行ってなかったんですよね。

 

それが…バッケンのフェイスブックを見たら、冷凍で食パン売ってる!

 

…というわけで行ってきた。

(冷凍パン価格表の写真はバッケンのフェイスブックより)

 

f:id:maru-piyoko:20170128171725p:plain

 

ほうほう、冷凍パンの方が ちょっとお安いのですね。

 

 せっかくなので食事もいただくことに。

 

f:id:maru-piyoko:20170128185159j:plain

 

なんにしようかな…あれ、これ初めて見る。

 

f:id:maru-piyoko:20170128185425j:plain

 

「パン窯グラタン豆乳のクリームソース」を食べてみることに。

 

f:id:maru-piyoko:20170128185644j:plain

 

 

f:id:maru-piyoko:20170128185727j:plain

 

あっちっちで登場!

はふはふはふ。

パンにのっけて、はむはむはむ。

 

豆乳を使っているんだけど豆乳臭くなく、コクがあるのにもたれなくて美味しかったですよん。

野菜も思ったよりいろいろ入っていて量もちょうどよかったです。

 

ふ~、お腹一杯になったところで冷凍もっちり純生食パンを購入。

 

f:id:maru-piyoko:20170128190510j:plain

 

冷凍ケースに入れてあるだけで、見た目(包装)はフツーの食パンと変わりなし。

きっちり凍ってました。

 

私はパンは日常的に食べるわけではなくて、たまに食べたくなる程度なので、食パン一斤買っても1回食べたら残りは1枚ずつラップに包んで冷凍するんです。

今回みたいにパンの食べ放題をした後購入したら、もうその日はパン食べないので一斤全部冷凍することも。

なので最初から冷凍してあっても全然問題なし。

 

パンってやっぱり焼きたてが一番美味しいですが、日にちが経ったのより、作って早めに冷凍したものは、ずっと美味しく食べられるーというのが私の考え。

ちなみに私はこうした冷凍パン、電子レンジで軽く解凍して、余熱しておいたコンロの魚焼きグリルで一気に焼き上げます。

 

冷凍パンを販売するようになったせいか、普通の冷凍してないもっちり純生食パンも販売を再開していたので嬉しい!

 

しかもバッケンのフェイスブックを見ると、その後プレミアムバケットの販売も再開。

バケット1本分を2㎝幅にスライスした冷凍パン税込み200円も販売中とのこと。

 

ふふふ、また買いに行こうっと。

「カワノすり身店」のすり身でつみれ鍋

鹿児島の食べ物 鹿児島のお店

鹿児島の名物さつま揚げ。

魚のすり身を揚げたものですが、おかずにおつまみにと大活躍。

 

魚のすり身…と聞いただけで「フードプロセッサー? バーミックス? 作るの大変なんでしょ?」と思われそうですが、(確かにイチから自分で作ると大変!)鹿児島ではそれ用のすり身が売ってるので、簡単に自分ちで揚げたてが食べられちゃう。

野菜を入れたり、チーズを入れたり、お好みのまま。

 

10年程前に指宿市山川の「カワノすり身店」のすり身を何度かもらったことがあって、その時はさつま揚げを色々作り揚げたてを楽しみました。

鯵・いわし・鯛・シイラ・とび魚などがあってそれぞれ美味しかったです。

 

HPはこちら ↓ 

カワノすり身店 | 無添加手作りすり身・薩摩揚げ専門店

 

防腐剤や化学調味料を使用していないのが、売りのよう。

 

f:id:maru-piyoko:20170111230419j:plain

 

最近、ドルフィンポートでここのすり身(200g税込540円)に再会、ちょくちょく購入しているのですが、今よく作るのはつみれ鍋。

 

といっても最初からつみれ鍋にするわけではなくて、私が寒い時期によく食べる温泉湯豆腐の豆腐を堪能した後の援軍、というかお楽しみです。

 

マルヤガーデンズの地下で温泉湯豆腐セットを買ってきて…

 

f:id:maru-piyoko:20170112223717j:plain

f:id:maru-piyoko:20170112223937j:plain

調理水と豆腐とゴマダレ入り。

 

土鍋でコトコト ↓

 

f:id:maru-piyoko:20170112224000j:plain

 

白く濁ってきて…↓

f:id:maru-piyoko:20170112224013j:plain

 

豆腐の角が溶けてきてトロトロになったところをハフハフと食べます。

寒い夜はあったまりますよ。

 

その後、すり身の袋の隅を切り取り、スプーンににょろにょろと絞り出して、つみれ団子を作り、野菜も加えてぐつぐつ。ポン酢で頂くという訳。

 

f:id:maru-piyoko:20170115113859j:plain

 

色々あるすり身の種類の中で、私がつみれ鍋に使うのは鯵やいわしです。

柔らかすぎない、キチキチした歯ごたえが好き。

 

もちろん、別に湯豆腐の後でなくても構いません。

冷凍庫に常備しておけば、思いついた時にあり合わせの野菜でつみれ鍋が出来るので便利ですよ。

 

冬の夜、やさしい味わいにほっとします。

お正月明けの疲れた胃腸にちょうどいいかもしれません。