鹿児島の生活 ことり日記

鹿児島在住、犬と猫とおいしいものが好き。

岩合光昭の世界ネコ歩き写真展のチケット買ってきた!

動物カメラマン・岩合光昭さん。「ニッポンの犬」(1998年、平凡社)の表紙の凛々しい柴犬の姿を見て以来、大ファンです。

だからNHK BSプレミアムで毎週金曜にやってる「岩合光昭の世界ネコ歩き」も、好きなんですよね~。あの、の~んびりした感じがいいんですよね~。

 

そしたら、番組をそのまま写真展にした「岩合光昭の世界ネコ歩き」展が7月15日(土)から鹿児島市の黎明館で始まるらしい。岩合さんの写真展は「ねこ」「いぬ」展以来、ちょうど3年ぶり。

 

「こ、これは…何としても行かねば‼」

早速、鼻息荒く前売りチケットを発売当日に買ってきました。

山形屋のプレイガイドで購入したのですが、一緒にチラシもくださいました。

それがね~、またいいのよ ↓

 

f:id:maru-piyoko:20170611135623j:plain

 

A4サイズでぺらりとめくるとこんな感じ ↓

 

f:id:maru-piyoko:20170611135714j:plain

 

なんと、開場の日に岩合さんがいらっしゃるそう‼

今回は事前申し込み制らしいので、抽選になっちゃうかもしれないけど、お顔だけでも見れないかな?

 

f:id:maru-piyoko:20170611105203j:plain

 

で、肝心のチケットはというと、ちょっと厚みのあるしおりタイプでカワイイっす ↓

 

f:id:maru-piyoko:20170611135804j:plain

 

ちなみにこちらは「ねこ」「いぬ」展のグッズで購入したしおり(お値段結構したような記憶が…)↓

 

f:id:maru-piyoko:20170611141025j:plain

  

今度のチケットは紙も硬めで、丈夫そうなのがありがたいです。

ちなみに入場券部分を切り取った後は、ほぼグッズのしおりと同じ長さ。

文庫本に挟んだらこんな感じ ↓

 

f:id:maru-piyoko:20170611135850j:plain

 

 ちょうどいい感じに耳が出てますね。よしよし。

 

先ほども書きましたが、2014年夏にやはり黎明館で開催された「ねこ」「いぬ」展、本当によかったです。大きなサイズの写真だと、毛並みやひげの1本1本まで克明で、まるでそこにいるような迫力。テレビの画像とも、写真集とも違う感動がありました。

岩合さんも今ほどメディアに露出してらっしゃらなかったので、どんな方かな?と興味津々だったのですが、トークショーも面白くて楽しくて。

テレビの「イイ子だね~」と同じ素敵な声(当たり前ですが…)で、会場のテンションあがりまくりでした。

 

今回は「岩合光昭の世界ネコ歩き」と同時に「どうぶつ家族」展も開催されますが、これはもともと、野生動物を主に撮影、アフリカ・タンザニアに家族で1年半住んだこともある岩合さんの傑作を集めた写真展らしいです。あらためて、ただの「イイ子だね~」の猫好きおじさんじゃなかったことが分かりそう(笑)。

 

中でも私が楽しみにしているのは「ナショナルジオグラフィック」の表紙を飾った岩合さんの出世作、ライオンの親子の写真(チラシ裏の左下↓)。

 

f:id:maru-piyoko:20170611141645j:plain

 

先日放送されたNHKプロフェッショナル 仕事の流儀 動物写真家岩合光昭」で見たのですが、母ライオンの首に手をまわす子ライオンの仕草がすごくよくて…。大きな写真で会えるのが待ち遠しい。

 

なお、ご紹介したにゃんこのしおりにもなるチケットが手に入るのは、山形屋やコープなど、普段からピクチャーチケットを扱っているお店だけ。コンビニの発券機では買えません。

また「岩合光昭の世界ネコ歩き」「どうぶつ家族」の共通券に限るそうで、片方のみの入場券だとちがうタイプになるそうです。お気を付けください。

 

詳しくは南日本新聞のサイトをどうぞ↓

 

373news.com

 

ー追記ー

その後、初日に行ってきました。↓

maru-piyoko.hatenadiary.jp

 

 

 3年前も岩合さんの写真展について色々と書きましたので、よろしければどうぞ ↓

 

maru-piyoko.hatenadiary.jp

 

 

maru-piyoko.hatenadiary.jp

 

 

maru-piyoko.hatenadiary.jp